会社概要 | Corprate Information

会社概要 経営理念 会社役員 所在地マップ

会社役員

日本一美しい牧場を目指し、
「安心」かつ「安全」な豊かな食文化に貢献する。

私たちドリームヒルでは、大規模経営による従業員の労働環境改善を常に目指し、 最新の設備・機械の導入を積極的に行い、 環境に配慮した循環型酪農業のあるべき姿を追求しています。 人も牛も過ごしやすいクリーンな牧場設備と美しい牧場景観を維持するよう心掛け、 安心・安全で美味しい牛乳の生産を通じ、日本の豊かな食文化の発展に貢献していきたいと思います。

代表取締役 小椋幸男

小椋幸男

酪農ひとすじ40年。
これまでの経験や知識を伝えたい。

現在の酪農業は欧米のように近代化を目指し、牛舎などの設備を充実させ大型作業機械を積極的に導入することで大規模な飼育と生産が可能になりました。 しかし今も昔も働く人が、ひとつひとつ責任を持って仕事をすることに変わりはありません。そして規模を拡大して効率化を図っても、優れた現場の力があってこそ大量生産できるのです。 私たち酪農家に与えられた使命は、良質な牛乳を安定供給すること。これには多くの優秀なスタッフの力が必要です。 これからは私がこれまでに学んだ知識や経験を、若い世代の人に伝えてゆきたいと思います。

取締役 角田 正一

角田 正一

牛への愛情を一番大切に。
酪農のスペシャリストを目指しています。

毎日の仕事は牛の観察から始まります。健康状態をチェックして少しでも変化があればすぐに改善できるように行動しています。 私はいつも牛の気持ちになり、少しでも快適な環境をつくってあげることが、良質な牛乳を生産する上でとても大切なことだと信じています。 また仔牛が生まれて大きく育ってゆく姿を見ていると牛への愛着も増してゆきます。これが一般の仕事では感じることのできない酪農業の魅力です。 動物を相手に仕事をすることは簡単なことではありませんが、これからも常に愛情を持って牛と接してゆきたいと思います。

取締役 八重樫雄也

八重樫雄也
Back To Top